お知らせ | ブログ

川野司法書士事務所ブログ

おいしーねー。

 

スガさん著の「もっとラクする半調理」という本を参考にして、

 

『半調理』にいろいろと挑戦している。

 

 

 

例えば、豚肉や鶏肉、魚の切り身を「しょうゆ、酒、みりん」のゴールデントリオに漬けておくと、

 

あとは焼くだけでメインの一品が出来上がる。

 

共働き主婦にとってメインが決まっているというのは、

 

何ものにも代えがたいほど心の平安を得られるもの。ホッ。

 

豚肉や鶏肉なら、いろんな野菜を足して炒めたり、グリルで焼いたりすると、

 

栄養素もざっくり満たした一皿になるのでさらにうれしい。

 

 

 

昨夜はブリの切り身の漬けをグリルで焼く間に、

 

まぐりのお刺身を造り、ニラ玉を仕上げて、湯豆腐もスタンバイ。

 

 

 

こどもは食卓に並んだおかずを眺めて、

 

「ママ、しゅごいねー」と大げさに褒めちぎってくれる。

 

さっきまで一緒に線路を作っていたママが、

 

いつの間にか食卓にごはんのおかずを並べていることが、

 

子どもにとっては「魔法みたい」らしい。

 

 

 

まずは甘辛く味付けしたニラ玉をぱくぱく食べて、

 

「おいしーねー」と目をつむる。

 

「じゅんなー、たまごだいしゅき。また作ってよ!」と念押しされる。

 

 

 

次に「ママ−、お魚さんとごはんをこのお皿に盛ってよ」という。

 

どうやら、ワンプレートごはんでわしわし食べたいようだ。

 

白いお皿にまぐろのお刺身一切れ、ブリの照り焼きをほぐしたもの、ごはんを2口くらい盛ってやる。

 

すると「おしょうゆもチョッチョッとかけてよ。ぜんぶにな」とすかさず指示が飛ぶ。

 

「チョッチョッとな」を意識しながら、かけてやると、またまた「いただきます!」と手を合わせ、

 

まずは、まぐろのお刺身からブリ、ごはんと順番に平らげて、

 

「おさかな、おいしいねー。なんでこんなにおいしいんだろうね−」などと言う。

 

そのワンプレートを3回くらいおかわりして、晩ごはん終了。

 

ふたたび手を合わせて「ごちそうさまでした」とにっこり。

 

 

 

手を合わせる姿をじっと見ながら、

 

まだまだ「おてて」は小さいなーなどと感慨にふけっていると、

 

「ママ!『おそまつさまでしたッ』は?」とつっこまれた。

 

 


最近の記事

カテゴリー

アーカイブ

リンク

記事を検索する