お知らせ | ブログ

川野司法書士事務所ブログ

リクエストに応える

 

子どもが最近、食べたいものをリクエストすることにハマっている。

 

親にとってはちと迷惑な話である。

 

 

 

朝、ベッドから起き出して第一声が、「今日の卵は『でまだ焼き』(目玉焼き)にしてよッ」。

 

今朝は目をうっすらと開けて、けだるそうに「おじやがいーい」と一言。

 

この前の夜は、突然、「カレーライスしてよ」と言い出した。

 

どうやらお昼に保育園でカレーライスのおかわりができなかったから、らしい。

 

 

 

昨晩はいただきものの伊勢海老でお鍋をしようと準備していると、

 

「えびも食べるけど、オムライスもしてよ」と笑顔で言ってきた。

 

それには訳があって、夕方ふたりでお散歩をしていたら近所に野良猫を発見して、

 

子どもなりに、猫さんお腹すいてないかなー、猫さんどこでねるん?などと聞いてきた。

 

猫さんのイメージをふくらましてやろうと思い、

 

「猫村さんっていう、猫の家政婦さんがいてね、ネコムライスが得意料理なんだよー」などと語ってみたのだ。

 

すると、キラリと目が光り、「ママ−、今夜オムライスー」と言い出したわけ。

 

卵の上にケチャップで猫の顔を描いてやると、うれしそうだったな。

 

 

 

こうして振り返ってみると、

 

特別に材料をそろえなくてもすぐに作れるものばかりリクエストしてくるような…。

 

ちっちゃな子なりにいろいろ気を遣いながらわがままを言っているのかもしれない。

 

 


最近の記事

カテゴリー

アーカイブ

リンク

記事を検索する