お知らせ | ブログ

川野司法書士事務所ブログ

母の手仕事

 

昨日ご紹介した「市場かご」ですが、

 

3歳になる息子も「これはいいねぇ。かっこいいねぇ」とほめちぎってくれて、

 

今朝は市場かごに通園用のバッグや荷物を入れて、よいしょ、よいしょ、と自分で提げて歩きました。

 

 

ところで我が家の主人の母の手仕事を紹介したいと思います。

 

 

刺し子のマットです。

 

ワインのボトル(このスプマンテ、かわいいお値段でとっても美味だった)

 

が目立っていますが、刺し子の柄がとってもかっこよくて、

 

民芸を超越した独創的なデザインになっています。

 

 

主人の母はとても手先が器用で、気の遠くなるような手仕事も苦にならず。

 

むしろ夢中になれて楽しいそうです。

 

母の漬物はいい塩梅でとてもおいしく、

 

昔はお祭りになると、

 

かますの押し寿司や煮魚、かつおのたたき、コーヒー寒天ゼリー、

 

などのごちそうをほぼ一人でこしらえていました。

 

 

 

手先が器用な人というのは、料理も丁寧だし、針仕事も上手だし、

 

自分の手を信じているから、まずは自分でやってみようという精神がある。

 

うらやましい限りです。

 

 


最近の記事

カテゴリー

アーカイブ

リンク

記事を検索する